ご相談・査定などお気軽にどうぞ
0120-891-81410:00~19:00 日・祝定休
メールで査定する

トヨタ アリスト

トヨタ  アリスト

古い年式も買取可能。車パーツの廃車買取も可能

エンジンが動けば過走行でも高く買取
ターボ車は高価買取
古くても買取可能

toyota_aristo

アリスト(ARISTO)は、トヨタ自動車で1991年から2004年にかけて販売された、ラグジュアリーセダンである。
トヨタ自動車における高級セダン基幹車の一つであり、日本国外においては、同社が展開する高級車ブランドレクサス・GSの名称で販売されていた。
レクサスブランド日本導入のため、2005年からは、日本国内でもレクサス・GSシリーズに移行しアリストの名称は消滅した。

査定のポイント

ポイント1
アリストは、ターボエンジンは高価買取です。
ポイント2
アリストは古い年式でも、まだまだ国内流通が多く高価買取です。
ポイント3
アリストは社外パーツの買取可能です。
ポイント4
アリストは不動車、事故車、故障車はご相談下さい。

よくあるトラブル

4WSの故障(ハンドリングの異常)

4WSという機構は運転状況に応じて(ハンドルを左右に切った時に)後輪を左右にごくわずかですが動かす機能です。

例えば低速時にはハンドルを左に切れば、後輪は右に切れます。その結果車両自体が小回り出来るようになるのです。

また高速道路などスピードが出ている状況でハンドルをわずかに左に切ってレーンチェンジする場合等は後輪のタイヤは前輪と同じく左に切れます。その結果車両はスムーズに左レーンに移動が可能となるのです。
このように複雑な動きをする4WS機能は後輪制御をするギアボックスの故障はオイルの劣化や内部のギアの消耗や場合によっては外部(地面からの突起物)からの干渉も考えられます。ガタガタ、ゴロゴロなどハンドルを切ると後部座席の下から異音がしたりします。結果的にリアタイヤが左右に動かなくなり直進出来ないとかタイヤが変に摩耗(左だけ山が少ないなど)を起こしたりします。このギアボックスの部品代で約20万円ぐらいかかます。中古部品があれば約10万円ぐらいで出来ますが、中古部品の流通が少なくなかなか見つからない為に新品の20万円+工賃というのが一般的です。この場合は車両の年式にもよりますし、走行距離にもよりますが、一般的には捨て時(売り時)という判断をする必要があるかもしれません。

アリストは車両重量が非常に重い(鉄の含有量が高い)為、ボロボロで走行距離も30万km以上でも鉄としての価値があり、エンジン本体の価値が高いため買取価格が高くつく可能性があります。更に走行距離が少なく傷やへこみなどがなく車両の程度が良い場合は車として買取が期待出来るため価格の上昇が考えられます。

アリストの引取実績