ご相談・査定などお気軽にどうぞ
0120-891-81410:00~19:00 日・祝定休
メールで査定する

トヨタ ハリアー

トヨタ  ハリアー

海外で人気が高く、他社よりも高く廃車買取させて頂いております。

どんなに古くてもゼロ査定無
海外へ輸出対象車輌
鉄資源(スクラップ)よりも高く買取り可能

toyota_harrier

ハリアー (HARRIER) はトヨタ自動車が生産するクロスオーバーSUV型の乗用車である。
1997年に初代モデルが発売された。FFレイアウトを基本とする、「乗用車ベースのラグジュアリーSUV」という新たなジャンルを開拓した。
高級感があり、しかもSUVという性格を併せ持つハリアーは、海外での人気も非常に高い。

2代目となる2003年2月17日フルモデルチェンジによりエンジンはV型6気筒3000ccまたは直列4気筒2400cc。トランスミッションは5速AT(3000cc)または4速AT (2400cc) になる。駆動方式は初代同様、前輪駆動と四輪駆動の2種類。V6 3000ccの最上級グレード (AIRS) に電子制御エアサスペンションを搭載する。

査定のポイント

ポイント1
ハリアーはボロボロの車でも、海外へ輸出されるため高価買取が可能です。
ポイント2
ハリアーは海外で人気は高いが、相場の変動が激しいです。
ポイント3
ハリアーは低走行車は古くても特に高く買取が可能です。
ポイント4
ハリアーは悪路の多い海外へSUV車は高値で売れるため、高く買取ることが可能です。

よくあるトラブル

タイミングベルトの故障

タイミングベルトはエンジン内部(外側から見えない)部分のベルトです。(よくむき出しになっているファンベルトやVベルトに勘違いされやすい)エンジンでガソリンを燃やし燃焼力をクランクシャフトという部品で回転力に変換します。そしてクランクシャフトは後ろ側にあるATやCVTに動力を伝えて車は駆動するのですが、クランクシャフトの前側にあるタイミングベルトにも動力を伝えています。そしてタイミングベルトを使ってウォーターポンプやカムシャフトを動かしている大事なベルトなのです。カムシャフトとはエンジン内のピストンに燃料と酸素の混合ガスを入れる時に開き、プラグで爆発させる時は閉じて排気ガスとしてマフラーにガスを排出する時に開きます。その一連の動作を機械的に行っているのがカムシャフトでそれを回しているのがタイミングベルトなのです。またタイミングベルトはウォーターポンプにも動力を伝えており、ウォーターポンプによってエンジンの内部の隅々まで冷却水が行き渡り加熱からエンジンを守ります。そのような重要な部品を動かしているタイミングベルトには欠点があります。熱・水・オイルに弱いのです。このいずれかがタイミングベルトに接触するとすぐに切れてしまい。上記の役目を果たせずにエンジンはオーバーヒートしてしまいます。またオーバーヒート以前に燃焼しなくなりエンストします。
その熱・水・オイルからタイミングベルトを守るためにウォーターポンプでエンジンを
冷やしています。もしもエンジン本体から水漏れやオイル漏れが起こると
タイミングベルトが切れてしまう為、10万km以内にエンジンを分解して交換したり、
水漏れやオイル漏れがないか?を点検したりします。まさにエンジンの命綱が
タイミングベルトに当たる訳です。この交換には2万円~です。

ハリアーの引取実績