ご相談・査定などお気軽にどうぞ
0120-891-81410:00~19:00 日・祝定休
メールで査定する

トヨタ カローラ

トヨタ  カローラ

カローラは実は海外でも人気なんです!!

常に海外で人気がある
古くても人気
エンジンが動けば過走行でもOK

toyota_carolla

トヨタを代表するカローラですが、日本だけではなく海外でも人気の高い車種の一つです。

エンジンの種類も豊富でガソリンエンジンやディーゼルエンジンがあり、排気量も1000cc、1200cc、1300cc、1400cc、1500cc、1500cc、1600cc、1800cc、2000cc、2200ccがあります。

特に1800cc、2000cc、2200ccはパーツの需要が高いためその他の排気量よりも買取価格が高い傾向です。

次にエンジン型式ですが、買取可能なのはAE100、AE101、AE104、AE110、AE111、AE114、AE70、AE80、AE81、AE91、AE95、CE100、CE104、CE110、CE113、CE114、CE116,CE121、CE95、EE101、EE111、KE10、KE20、KE30、NZE120、NZE121、NZE124、TE25、ZZE122、ZZE124です。

また下記のような状態でも買取が可能です。

・車庫に置いたままになって使っていないカローラ

・廃車手続きが分からないから、駐車場に止めたままになっているカローラ

・走行距離が20万キロを超えてしまったカローラ

・オイル漏れが酷いカローラ

・車検代が20万円を超えてしまいそうなカローラ

・車検証を無くしてしまったカローラ

・5年放置してしまったカローラ

・エンジンの警告灯が点灯してしまったカローラ

・タイヤがパンクしてしまい、スペアタイヤのカローラ

・車検が切れてしまったカローラ

・車内が臭いカローラ(コーヒーをこぼした、ジュースをこぼした、灯油をこぼしたなどなど)

・塗装がはげてしまい、まだら模様のカローラ

・故障して動かないカローラ

見積りは無料ですのでお気軽に廃車らぶまでお問合せ下さい。

査定のポイント

ポイント1
カローラはガソリンエンジンよりも軽油車の買取価格が高くなります。
ポイント2
カローラは動かない状態では、エンジンが故障していなければ買取りが可能です。
ポイント3
カローラは傷が多くても、色がはげていても買取りが可能です。
ポイント4
カローラは10年以上古いタイプも海外へ輸出するため買取が可能です。

よくあるトラブル

走行中に異音(ドライブシャフト)

異音に関してはいろんな原因が考えられます。よくある走行中の異音の中にタイヤの溝に小石が挟まったという物があります。窓を開けると音が良く聞こえ走行速度を上げると音のペースが速くなるという典型的なものです。
車の故障で多いものとしては曲がる時の異音です。
左右のどちらかにハンドルをきって車が曲がる時にガタガタガタガタという異音がします。これはドライブシャフトの摩耗から来る異音です。ドライブシャフトとは何か?というとエンジンからの力をATを介してタイヤに伝える為の棒です。
AT側からシャフトを回して、そのシャフトがタイヤを回すのですが、このドライブシャフトに摩耗が起きると直進時より負荷がかかる曲がる時にAT側の回転とタイヤの回転に誤差(ドライブシャフトの摩耗による)が生じてこのようなガタガタ音がします。放置すると摩耗が拡大してしまい、最終的には直進時(発進)の時にも音がし始め、タイヤが回らなくなります。
ドライブシャフトの摩耗の原因はブーツというグリース(固形オイルのようなもの)が漏れる。ブーツの破けに原因があります。ただ一度敗れて摩耗したドライブシャフトは交換するしか方法がありません。おおよそ左右のドライブシャフト交換で6万円~8万円ぐらいでしょうか。その際にブーツも新品となり、グリースも入るので、よほどブーツが破れるような状況がない限り安心です。

マフラーから音

マフラーからの音の大半は錆による破損が原因で破れて消音機を通らずに音が車外にもれるケースです。
一般的にマフラーには強い防錆処理がされており、破れるということはなかなか考えにくいのですが、エンジンからの熱と排気ガスと一緒に水も出ています。
通常はマフラーが高温になる事で水は一瞬で水蒸気に変わり、白い煙が出て(無臭)マフラー内に溜まった水を外に出して、錆を防ぐ仕組みになっています。ところがエンジンやマフラーが温まる前に運転を終えてしまうとこの限りではありません。
マフラー内部に水が溜まり錆の原因となるのです。
コンビニまで行って帰って来るという短時間運転後に生じます。
対策としては1週間に一度は一時間以上の運転をしてマフラー内部の水を水蒸気として外に出してあげる事が望まれます。
マフラーには有害ガスを浄化する部品などがついている為、交換も高価になることもありますが、一般的には2万円~の料金で交換出来るものが多いと思います。これはマフラーのどの部位が破れているか?によって変わりますので注意が必要です。

カローラの引取実績