ご相談・査定などお気軽にどうぞ
0120-891-81410:00~19:00 日・祝定休
メールで査定する

保存期間満了により戸籍関係書類が発行できない場合の書類

その他の手続きに必要な書類

» 保存期間満了により戸籍関係書類が発行できない場合の書類

役所によっては5年以前の住民票のデータを廃棄している場合があります。そのため、5年以前の住所の履歴をたどる書類を役所で取得できないことがあります。このような場合、住所の履歴がたどれるところまでの戸籍附票や改正原戸籍附票、住民票の除票などの書類を全て役所から取得いただく必要があります。また、別途「誓約書」に実印を押印いただく必要があります。
なお、住所の転居をされた際に、本籍地も一緒に変更されている場合、各本籍地より戸籍附票などを取得いただく必要があります。詳しくはこちらをご確認ください。

» 保存期間満了により戸籍関係書類が発行できない場合の書類

車検証
車検証
自賠責保険証書
自賠責保険証書
リサイクル券
リサイクル券
印鑑証明書
印鑑証明書
委任状
委任状
ダウンロード
譲渡証明書
譲渡証明書
ダウンロード
戸籍附票や改正原戸籍附票
戸籍附票や改正原戸籍附票
誓約書
誓約書
ダウンロード
お客様カード
お客様カード
ダウンロード

リサイクル券とは?

リサイクル券

自動車メーカーを含めて自動車のリサイクルに携わる関係者に適正な役割を担っていただくことによって、使用済自動車の積極的なリサイクル・適正処理を行うものです。

自動車の使用者の皆様には、リサイクル料金をお支払いいただきます。

通常車検証入れの中に入っていますが紛失している方は下記より預託状況をお調べできます。
リサイクル料金の預託状況はこちら
http://www.jars.gr.jp/


その他の手続きに必要な書類類似ケースはこちら

PICK UP廃車・買取の注目コンテンツ

  • 廃車買取ケース紹介
  • スマホで簡単LINE査定
  • 故障車買取できます!
  • 事故車買取できます!
  • 廃車らぶ対応エリア拡大中
  • スタッフブログ
  • 査定ポイント
  • 必要書類のダウンロード

廃車・買取査定フォーム

スマホで簡単LINE査定

お電話でのご相談・査定などお気軽にどうぞ
0120-891-81410:00~19:00 日・祝定休

ページトップへ