ご相談・査定などお気軽にどうぞ
0120-891-81410:00~19:00 日・祝定休
メールで査定する

ダイハツ アトレーワゴン

ダイハツ  アトレーワゴン

不動車、事故車、故障車でも廃車買取が可能な車種です。

軽自動車は古くても人気が高い
状態が良ければ廃車+αの高価買取

daihatsu_atrai_wagon

「家族みんなで楽しく使えるプレジャーサポーター」をコンセプトとして開発された、ワンボックス軽自動車アトレーワゴン。
室内はインパネのコンパクト化により、室内長2015mm、前後乗員間距離 1060mmのゆとりある居住空間を確保。室内高1350mmと合わせ、4人が快適に乗れる室内空間とした。

査定のポイント

ポイント1
アトレーワゴンは古くても車検が残っていれば、特別査定が可能です。
ポイント2
アトレーワゴンはターボエンジンは高価買取が可能です。
ポイント3
アトレーワゴンは不動車、事故車、故障車はご相談下さい。

よくあるトラブル

タイミングベルトの故障

タイミングベルトの代わりに最近はタイミングチェーンという金属で出来たベルトを使用する車両が増えています。正確には昔はみんなタイミングチェーンでした。
ただある程度の距離を走るとエンジン前部から異音がチャラチャラとし出すため、音対策としてタイミングベルトが使われるようになったのです。しかしタイミングベルトは熱・水・オイルに弱く、切れやすい、定期的に交換する必要があるという理由から、
今現在はタイミングベルトが見直されています。そもそもタイミングチェーンの異音の原因(理由)はチェーンの緩みから来る音なのです。であれば、緩まなくすれば良いという理由からその試みが行われると同時に緩んでもテンショナーという部品で緩みを防ぐ、顔のしわを引っ張って伸ばすような感じでしょうか?機構も進化しています。
その為、タイミングチェーンには定期的な交換が必要ありません。ただやはり機械ものである以上はテンショナーが弱ってしまい、緩みが生じてチャラチャラと異音がし始めるものもあります。その場合はエンジン前部を分解してテンショナーを交換する必要があります。価格は2万円~です。

タイミングチェーンの故障

エンジン内のウォーターポンプにはエンジン冷却水をかき混ぜて、エンジンの熱を奪い(冷却水に移動させ)それをラジエーターで冷やすという機能を持っています。冷やし過ぎるとポンプは回り続けて冷却水をかき混ぜるのですが、ラジエーターに冷却水が回らないようにサーモスタッドという弁で温度調整をしています。
ということは、エンジン冷却水が温まっても、冷えてもウォーターポンプはエンジンの回転と同期して常に回っているのです。
その為に走行距離が10万kmを超えると交換が必要になります。
この交換をしなかった場合や何らかの原因でポンプが破損した場合に異音がなります。これを放置するとエンジンの冷却水が循環しなくなる為、エンジンのオーバーヒートの原因となり、非常に危険です。
エンジンメーター内に水温計がついているのですが、普通の方はそんなに小まめに水温計はチェックしていないでしょう。
ウォーターポンプの交換はエンジンの内部にある為に部品代以上に工賃が高いです。もしもエンジン内部にあるタイミングベルトがチェーンタイプではなく、ゴム製のベルトの場合は一緒にベルトも交換するとお得感が出ます。

ウォーターポンプはタイミングベルトと同じような場所にある為です。

の廃車・事故車買取事例

古い車

ダイハツ アトレーワゴン

買取価格 44,000円
走行距離126,000km
車種アトレーワゴン
年式平成13年式
車両状態天井錆...
スライドドア...

事故車

daihatsu atrai

買取価格 30,000円
走行距離36,000km
車種アトレーワゴン
年式平成24年式