ご相談・査定などお気軽にどうぞ
0120-891-81410:00~19:00 日・祝定休
メールで査定する

ホンダ フィット

ホンダ  フィット

低走行車の場合は特に高い廃車買取が可能な車種です。

コンパクトカーの中で人気が高い
海外で人気が高い
廃車するには「もったいない」から買取ます

honda_fit

ホンダ・フィット(FIT)は、優れた走行性能と低燃費の両立を実現した、ハッチバック型の小型自動車である。
2001年にホンダ・ロゴの後継車として登場。
グローバル・スモールプラットフォームと呼ばれる燃料タンクを車体中心に配置したレイアウトを採用。このレイアウトにより同クラスのスモールカーを大きく上回る広いラゲッジスペースを確保している。

査定のポイント

ポイント1
フィットは海外で人気は高いが、流通台数が多いため売却時期によって買取り価格が大きく動きます。
ポイント2
フィットは走行距離が多くても買取が可能ですが、ATの異常には査定が影響します。
ポイント3
フィットの低走行車は古くても高く買取が可能です。
ポイント4
フィットの不動車、事故車、故障車はご相談下さい。

よくあるトラブル

走行中に異音(ハブベアリング)

ハブベアリングから音が出始めると走行中にスピードを上げるつれて音が大きくなる症状が出ます。タイヤノイズと勘違いされることがありますが、タイヤローテーションをするなどして音の原因を特定することが出来ます。ハブベアリングからの音を放置し続けるとハブベアリングは破損し走行不能な状態になります。必ず、予兆として音がしますので音が小さいうちに交換をおすすめします。

エアバックランプ点灯

2016年より車検時にエアバックランプが点灯していると車検に通せなくなりました。原因はエアバックのリコール問題でしょうか?以前はエアバックが点灯していても車検を通すことが出来ましたが、現在は通すことが出来ないため修理をしなくては車検を取得することが出来ません。そのため、エアバックランプが点灯している場合、エアバックに何かしらの不具合が生じていることが考えられます。エアバックの修理を諦められた方は、当社にお問合せ頂くとエアバックランプが点灯したまま買取り可能ですのでお気軽にお問合せ下さい。リコール対象車両も買取可能です。

事故で潰れた車

自動車の事故で車の修理もしくは修理を断念された修理代金の高額なフィットは売却することが可能です。自動車は数多くの部品が使われており、事故で潰れていても事故で潰れていない箇所はリサイクルパーツとして利用することが出来たり、潰れている箇所を新品パーツではなく中古リサイクルパーツを使い安く修理することが出来ます。廃車らぶでは、高額な修理費用のかかる車でも上記のとおりパーツもしくは修理を行う前提で買取りを行っておりますので、急な事故でお困りの場合は当社の無料見積りをご利用下さい。

の廃車・事故車買取事例

下取りゼロの車

ホンダ フィット

買取価格 10,000円
走行距離122,000km
車種フィット
年式平成15年式
車両状態発進時に振動...
傷多い...

下取りゼロの車

honda fit

買取価格 30,000円
走行距離110,000km
車種フィット(GD3)
年式平成16年式

動く故障車

honda fit

買取価格 140,000円
走行距離60,000km
車種フィット
年式平成18年式
車両状態ATショック...