ご相談・査定などお気軽にどうぞ
0120-891-81410:00~19:00 日・祝定休
メールで査定する

スズキ kei

スズキ  kei

古くても買取可能です!

クリア剥がれ、色褪せしていてもOK

1998年の軽自動車規格改定と同時期に、セダンとSUVの間の新しいタイプとなる軽自動車(いわゆるクロスオーバー車)として開発された。

乗り降りしやすく視界の良いヒップポイントを採用したパッケージをもち、一般的な立体駐車場の制限車高である155cmを基準としたセミトールスタイルと大径タイヤが特徴で、最低地上高を高くし悪路走破性を高めている。

当初は3ドアのみだったが、後に5ドアを追加。ジムニーとの競合を極力避け、2000年5月からは5ドアのみの構成になった。室内スペースやラゲージスペースの積載量はセダンタイプより広いものの、ワゴンタイプには敵わない内容となっており、ラゲージ最優先のユーザよりもスタイリング・走破性重視のユーザーに求められている。そのこともあり使い勝手向上のためスペアタイヤの上部に34Lの大容量「ラゲッジボックス」が標準装備であった。

査定のポイント

ポイント1
keiは古くても車検付、ターボ、マニュアルのいずれかの条件を満たしていると買取が可能です。